横浜DeNAベイスターズ2021新ウェア【XYDB】の意味は何?

横浜DeNAベイスターズ
出典:https://www.baystars.co.jp/

皆さんこんにちはフクローです

今回は横浜DeNAベイスターズ2021に登場しました新ウェア【XYDB】の意味を

調べてみたいと思います

2012年からDeNAベイスターズのチームウェアを見てきましたが

今年は全く違うデザインでインパクトがありますね

それでは一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

今年のウェアは〇〇?

去年の2020年のデザインを見てみると、、、

出典:https://www.baystars.co.jp/

このようにBのマークというシンプルな作りとなっていましたが、

今回のウェアはなんとDeNAベイスターズが誕生してから

10周年を記念して作られた特別な物となっています 

出典:https://www.baystars.co.jp/

出典:https://www.baystars.co.jp/

いや~もう10年ですか・・・早いですね汗

1月にはDeNAベイスターズ10周年を記念して作られた動画も話題になりました

出典:https://www.youtube.com/

本当に動画のクオリティが凄いです!

手間がかかっていることが分かります

10年という間には様々な思いで、歴史があります

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの10年間(中畑監督時代)

DeNAベイスターズが誕生した2011年オフで、

それまでの横浜ベイスターズは直前まで4年連続最下位、

10年間で最下位が8回、Aクラス入りがわずか1回(2005年:3位)と

長く低迷期に入っていた中で

新球団DeNAベイスターズが誕生したわけで

DeNA初代監督に就任した中畑清監督の時代(2012年~2015年)

2012

出典:https://www.baystars.co.jp/

筒香選手(現:レイズ)、梶谷選手(現:巨人)等若手を使いながら地道に

数年後戦力になる選手を辛抱強く使っていました 

劇的な勝利が印象深く特にサヨナラ勝ちの印象が強いですね

2013年5月10日の巨人戦7点差からの大逆転劇!

多村仁志選手のサヨナラスリーランホームランは今でも忘れられない試合です!!

中畑監督時代は成績としては、、、

  • 2012年 6位
  • 2013年 5位
  • 2014年 5位
  • 2015年 6位

と4年間でAクラスに上がることは出来ませんでしたが

未来のDeNAの躍進のために土台を作ってくれました

そして次の監督のアレックス・ラミレス監督にバトンが渡ります!

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの10年間(ラミレス監督時代)

2016年から指揮をとったラミレス監督時代にようやく中畑監督がまいた種が花を咲かせました

2016年には当時新人だった今永選手が8勝をあげる活躍、

2年目の石田選手も石田は26イニング連続無失点を記録し、

月間MVPを獲得をする働きで9勝をあげました 

バッターでは筒香選手が44本塁打、110打点をあげ2冠王に輝く活躍、

新人の戸柱選手、2年目の倉本選手、桑原選手がレギュラーに定着と若手も積極的に使われ、

その期待に応えていましたね 

まさに投打ともに活躍するシーズンとなり、結果DeNAは3位で11年ぶりAクラス

クライマックスシリーズ初出場を果たしました 

当時はクライマックスシリーズに出場していないのが唯一DeNAのみだったので、

CSに出場できたのは嬉しかったですね(^^)

さらに2016年の勢いそのままに、

2017年も梶谷選手、ロペス選手、筒香選手の主力の活躍は勿論、

倉本選手と桑原選手が143試合全試合出場しました

そしてなんと言っても宮﨑選手の大ブレイク!

打率.323で初の規定打席到達と同時に首位打者を獲得しました

初の規定打席到達で首位打者を獲得と言えば2020年の佐野選手(.328)が記憶に新しいですね

8月22日から24日の対広島3連戦をすべてサヨナラ勝ちで勝利するなど印象的な試合が多く

22日の第1戦で見せた筒香選手、ロペス選手、宮﨑選手の3者連続本塁打でサヨナラ勝利は凄かったですね

今思えばあの試合が大きな分岐点になったのかも知れません

2017年も3位でしたが、クライマックスシリーズで阪神、広島を破り

「DeNAベイスターズ 2011年オフ」の画像検索結果

出典:https://www.baystars.co.jp/

1998年に日本一に輝いて以来19年ぶりの日本シリーズ出場をはたし、

ソフトバンクと日本シリーズを戦ったのは記憶に新しいですね(^^)

その後も、2019年は2位になるなど、DeNA=Aクラス常連の球団にまで成長しました

そして2020年ラミレス監督の退任に伴い、2021年には三浦監督が誕生しました!

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの10年間(三浦監督時代)

2021年からは三浦大輔監督が就任されました!

横浜DeNAベイスターズの監督では初の生え抜き選手の監督になります

「三浦監督」の画像検索結果

出典:https://www.baystars.co.jp/

監督就任時には就任の動画が公開されましたが、

格好いいですね

これも制作陣の熱が伝わってきます(^^)

出典:https://www.youtube.com/

以前中畑前監督との対談動画がありますが、

このなかで中畑監督は実は監督退任時三浦さんに監督をやってもらいたかったと

衝撃の告白をしています

その中で当時現役だった三浦さんは現役引退をするつもりは当然ありませんから、

その話が実現することはありませんでした、

しかしそんなことがあったんですね汗

出典:https://www.youtube.com/

去年は2軍監督を1年間経験できたことはとても大きいと思います、

1軍の舞台でどんな采配を見せてくれるのか?

今から楽しみですね(^^)

スポンサーリンク

ロゴの「XYDB」は何?

今回のウェアを見てもらうと分かるように目に付くのは

【XYDB】の謎の文字

これは何を意味しているんでしょうか?

これは「横浜DeNAベイスターズ10周年を意味」しています

確かにDBの文字はD(DeNA)B(Baystars)の頭文字をとっていることは分かります

しかしXYとはなんでしょうか?

実は数字はローマ字に変換して使用することが出来、1~20までこのように変換できます

数字 ローマ字
1 I
2 II
3 III
4 IV
5 V
6 VI
7 VII
8 VIII
9 IX
10 X
11 XI
12 XII
13 XIII
14 XIV
15 XV
16 XVI
17 XVII
18 XVIII
19 XIX
20 XX

すると分かるようにDeNAが今年で10周年ということは

数字の10はローマ字では「X」に変換することが出来るんですね(^^)

いや~知りませんでしたね汗

そし「Y」は「YOKOHAMA」の頭文字だと思いますので

X(10周年)Y(横浜)D(DeNA)B(ベイスターズ)と考えられます

また「Y」の意味を「YOKOHAMA」では無く、

10「年」の「Year(意味:年)」の意味で考えた場合は

X(10)Y(年)D(DeNA)B(ベイスターズ)と考えることも出来るんですが、

多分「XYDB」の「Y」はYOKOHAMAの「Y」を表しているんだと思います

横浜DeNAベイスターズに関する記事はこちらからチェック!

まとめ

今回は横浜DeNAベイスターズの2021年発売のウェアのロゴ「XYDB」はどういう意味

なのかまとめてみました

横浜DeNAの選手に関してはこちらからチェック!

種類はウィンドブレーカー・スウェットフーディ・半袖トレーニングジャケット・

ハーフジッププルオーバー・Tシャツ・半袖スウェットフーディ・ハーフパンツ等

多種多様となっていますので、

自分が欲しいものを選ぶことが出来ますね(^^)

タイトルとURLをコピーしました