山﨑康晃(DeNA)はFA移籍,残留?ランクやメジャー,ポスティング移籍は?

皆さんこんにちはフクローです

今回は横浜DeNAベイスターズの山﨑 康晃(やまさき やすあき)選手について

山﨑選手は2014年のドラフト1位で亜細亜大学からDeNAに入団

1年目から中畑監督より抑えに抜擢されると37セーブを記録し新人王を受賞

37セーブは新人選手の最多セーブ記録となっています

2018・2019年は最多セーブ王に輝き2020年東京オリンピック代表にも

選出されるなど日本を代表する投手へとなりました!

そんな山﨑選手は今年国内FA権を取得

※国内FA権は出場選手登録145日を1年として換算,山﨑選手は2007年以降のドラフトで入団した
大学生・社会人選手のため累計7年で取得できる権利です

 

山﨑選手はFA権を行使するのか?残留するのか?

はたまた噂されているメジャーに挑戦するのか?

気になったので調べてみることにしました

スポンサーリンク

メジャー志向は?海外FA・ポスティング移籍?

ここでは山﨑選手の噂されているメジャー移籍に関して

調べてみることにしました

山﨑選手は19年オフの契約更改時に将来的なメジャー挑戦を

表明していました

DeNA山崎康晃が『筒香方式』ポスティングでの早期MLB挑戦を希望 「健康な状態で行けたらベスト」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

出典:https://www.chunichi.co.jp/

ということはメジャー志向はあり、数年後のメジャー移籍を考えていると言うこととなります

移籍手段に関しては海外FAポスティング移籍がありますが

海外FAは出場選手登録145日を1年として換算し累計9年で取得できる権利です

 

DeNAは筒香 嘉智選手がメジャーに移籍する際にも

ポスティングシステムでの移籍を容認しています

海外FA権を取得するのは早くて2023年頃で

山﨑選手自身、早期のメジャー挑戦を希望していることから考えても

海外FAよりポスティングを利用するのが有力ですかね・・・

スポンサーリンク

国内FA権は行使する?残留?FAランクは?

ここでは山﨑選手が国内FA権を行使するのか?残留するのか?

調べてみることにしました

山﨑選手の場合2020オフには複数年契約ではなく

単年契約を結んでいるため

国内FA権を行使すること自体は可能となっています

山﨑選手の今季年俸2億8000万(推定)だとAランクになり 金銭補償・人的補償が発生します

 

しかし上記の通り山﨑選手の場合はかねてより

メジャーに挑戦したいという意思を表明しているため

国内FA権を行使して国内球団への移籍はしないと考えられます

 

仮に国内FA権を行使し他球団に移籍またはDeNAに残留したのち

ポスティングではなく「海外FA権」を使いメジャーに挑戦する場合

FA権再取得は宣言残留・移籍でもそこから「4年後」となります

 

しかし国内FA権を行使しなければそこから「2年」で海外FAは取得できるため

メジャー移籍を目指している山﨑選手の場合は

国内FA権を行使しない方が結果的に早く海外FAを取得できます

  • 国内FA権行使しない→残留→2年経過→海外FA権取得
  • 国内FA権行使→移籍・残留→4年経過→海外FA権取得

 

国内FA権を行使した際のFA再取得は2025年頃と

メジャー移籍を目指す山﨑選手にとっては時間がかかってしまいます

山﨑選手にとっては国内FA権を行使せずにDeNAに残留し

ポスティングシステムでのメジャー移籍が1番良いと思います

まとめ

今回は横浜DeNAベイスターズの山﨑 康晃選手についてまとめてみました

山﨑選手はメジャー挑戦するのか?DeNAに残留するのか?

気になりますね・・・

そしてFAに目を向けると去年のFA移籍は梶谷選手と井納選手の2例のみと

FA移籍の数自体が少なかったですが

今年は山﨑選手始め多くの主力選手達が国内FA権を取得しているので

ストーブリーグにも一層注目が集まります!

スポンサーリンク