ヤクルトのドラフト2021指名候補【予想】【考察】

皆さんこんにちはフクローです

今回は2021年10月11日に開催されますドラフト会議にて

東京ヤクルトスワローズの指名選手を予想していきたいと思います 

 

去年2020年はコロナの影響で当初予定していた開催日11月5日から

前倒して10月26日の開催になりましたが2021年は予定通りの開催です

2020年のドラフト指名(支配下選手)は高校生30人・大学生32人

社会人8人・独立リーグ4人大学生が多い指名となりましたが

2021年はどうなるのでしょうか?

ドラフト2020でヤクルトは支配下6人・育成4人の計10人を指名しました

今年のドラフトはどんな選手が指名されるんでしょう

 

今回は主観で今後のヤクルトに必要になり得る選手を

ピックアップしていき、

指名順位とかは考えずに選手の名前をあげていきたいと思います

因みに、、、

ポジション別のドラフト指名優先を考察

ドラフト指名傾向

ドラフト指名候補予想

 

という順に自分なりに考察し、まとめてみようと思います

それでは一緒に見ていきましょう!

※成績は8月11日現在

スポンサーリンク

ヤクルトの指名優先は?【内野手・捕手編】

まずヤクルトで優先するべきポジションを考える前に

それぞれのポジション、内野手・捕手・外野手・投手はどうなのか?といいますと

まずはヤクルトの現在のレギュラー陣を見てみると

内野と捕手は、

  • サード:村上
  • ショート:西浦、元山
  • セカンド:山田
  • ファースト:オスナ
  • キャッチャー:中村、古賀

という布陣でほぼこのメンバーで固定されています

村上選手・山田選手が打線の中軸を担い、ファーストを守るオスナ選手の活躍も

大きかったです

中村選手は一時打順で2番を打つなど良い役割を果たしていて若手捕手の古賀選手も

起用が増えてきています

内野手・捕手のポジションの中では、

ショートが西浦選手とドラフト4位ルーキーの元山選手が

半分ずつ試合に出場している感じですが

他のポジションと比較すると固定できていない印象なので

ショートを守れる即戦力の大学生・社会人選手を1人指名してもいいのでは

と思いました

ヤクルトの指名優先は?【外野手編】

続いて【外野手】は

  • レフト:青木
  • センター:塩見
  • ライト:サンタナ

となっています

外野陣もほぼ固定されていて、

塩見選手のレギュラー定着が大きく、

さらに新外国人選手のサンタナ選手の活躍が目立ちます

 

一方で青木選手の年齢が現在39歳ということを考えれば、

ドラフトでは外野手を1人は指名したいです

特に20代の左打ち外野手が山崎 晃大朗選手のみと考えるなら

左打ちの外野手を指名したいです

スポンサーリンク

ヤクルトの指名優先は?【投手編】

続いて投手陣に目を向けてみると チーム防御率3.81でリーグ4位

【先発】は

  • 小川
  • 金久保
  • 高橋
  • 奥川
  • スアレス
  • サイスニード

と先発陣はそろってきている印象

特に金久保選手、奥川選手等若手投手の活躍は大きいですね

しかし現在先発ローテーションを守っている

小川選手が31歳、スアレス選手が32歳(2021年)と30代になっていることも

考えた場合将来先発ローテーションに入る育成重視の高卒選手の獲得も必要になってきます

 

一方【中継ぎ・抑え】は

抑えの石山 泰稚選手が不調で代わりにマクガフ選手が務め、

石山選手はリリーフに回っています

本来なら

  • 7回:マクガフ
  • 8回:清水
  • 9回:石山

の勝ちパターンですが、

マクガフ選手が抑えに回ってからは、

  • 8回:清水
  • 9回:マクガフ

7回を今野 龍太選手が務めることが多くなり

ここまで20ホールドポイントを記録するなど

セットアッパーとして活躍しています

しかしヤクルトの中継ぎ陣は右投手が多く、

前半戦では左の中継ぎ投手が坂本 光士郎選手のみという試合もあったため、

後半に入り元々先発だった田口 麗斗選手を中継ぎに配置転換するなど

左の中継ぎ投手不足が見えてきているため

ドラフトでは即戦力の左のセットアッパー候補を1人獲得したいと思い、

上位の枠を使い指名したいと考えました

 

続いては【ドラフト指名傾向】【指名候補予想】について

タイトルとURLをコピーしました