プロ野球【戦力外通告】【自由契約】【任意引退】の違いは何?

皆さんこんにちはフクローです

ストーブリーグが盛り上がってくる季節ともなると

契約更改が始まったり、秋季キャンプが始まったりと

何かと話題が無くならないプロ野球

野球場のビジョンのイラスト

10月にドラフト指名された新戦力達も来シーズンからチームに入ってくるのは

楽しみでしかありませんが、一方で入ってくる選手達もいるなら

プロ野球を去る選手達もいます

今年も100人以上の選手が戦力外通告を受けるなど

年々プロ野球選手としてキャリアも平均すると短くなってきています

戦力外通告のイラスト

今回はニュースなどでよく使われる

  • 戦力外通告
  • 自由契約
  • 任意引退

の言葉の意味と違いについて調べてみることにしました

それでは一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

戦力外通告は?

戦力外通告という言葉は1番使われる言葉のように感じますね

どういう意味なんでしょうか?調べてみたところ・・・

戦力外通告とはその言葉の通りに自チームの戦力構想に入っていない

選手達に来年の戦力には入っていません。と伝えること

 

通告は2回に分けられますがほとんどの球団が

1回目の通告で全選手に伝えることがほとんどです

実は戦力外通告を受けた直後に契約が無くなるわけではなく

日本プロ野球においては支配下登録選手の契約期間は

毎年2月1日~11月30日までと決まっているため11月30日までは

戦力外通告を受けていても自チームの契約選手のままです

 

その後翌年も継続して契約する選手達は翌年の【保留選手名簿】に記載される一方で

保留選手名簿に記載されていない選手達は【自由契約選手】として公示されます

戦力外通告を受けた選手のほとんどが自由契約選手として公示される一方で

中には任意引退選手として公示されるパターンの大きく2つに分かれます

プロ野球選手→保留選手名簿に記載

戦力外通告任意引退

自由契約

続いては自由契約と任意引退について見ていきたいと思います

スポンサーリンク

自由契約とは?

では自由契約とはなんでしょうか?

自由契約とはその名の通り「他球団と自由に入団交渉が出来る選手」のこと

しかし自由といっても他球団と再契約できるのは

12球団合同トライアウト終了後となっています

 

第1次戦力外通告が開始されてから合同トライアウトまでは1ヶ月以上ありますが、

なんでこんなにも早く戦力外通告を出すのでしょうか?

スーツを着た男性のイラスト(疑問に思う顔)

それは合同トライアウトが開催される時期にはチーム編成の大部分は終了してしまうから

チーム編成が終了している段階で初めて自由契約の選手が分かった所で既に遅いため

早めに戦力外ということを選手に知らせ

トライアウトまでは調整期間に使ってもらい、

球団編成はトライアウト後の契約解禁までに他球団の選手の中から

チームにフィットする選手を見つけ出し調査する期間にもなっています

スポンサーリンク

任意引退とは?

任意引退は自由契約とは対比する言葉になります

自由契約が選手が「自由」に他球団と契約交渉に臨めるのに対し

任意引退の選手は直前に所属していた球団がその選手の保有権を所持するため

他球団との契約交渉はできません

 

そのため任意引退選手が他球団と交渉するためには・・・

  1. 保有権を持つ球団が交渉を許可
  2. 持っている保有権を放棄

どちらかをしなければなりません

最近では日本ハム監督に就任した新庄 剛志さんが2019年に現役復帰宣言をした祭に

2019年11月27日付で任意引退選手公示が抹消され、

自由契約選手公示されたのが記憶に新しいですね

任意引退=引退した選手というわけでは無く、プロ野球選手がアマチュア野球の指導者になる場合は

自由契約となる必要があるため、自ら引退した選手で自由契約を選んだ選手もいます

まとめ

自由契約となる選手が保留選手名簿で初めて分かる状態だと

チームの編成が終わっているタイミングのため

入団に支障が出るため自由契約選手公示より早くチームの戦力構想外

であることを知らせる制度が戦力外通告になり、

その自由契約とは対比する関係にあるのが任意引退となります

スポンサーリンク