スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズのドラフト2021指名予想

ドラフト2021
スポンサーリンク

ロッテのドラフト指名傾向

ここでは指名選手の予想の前に

ここ数年のロッテのドラフト指名の傾向、戦略を見てみましょう

球団によって全く違う色が出ているのがドラフトの面白いところでもありますね

過去10年の「1位指名」(抽選を外した選手も含む)の

ポジション(指名時)・高校・大学・社会人別に分けてみると・・・

投手 内野手 捕手 外野手 合計
高校生 2 3 1 6
大学生 5 1 6
社会人 2 2
合計 9 4 1 14

このようになります

投手中心のドラフトで大学生が多い印象ですね

しかし全体的に見ると高校生・大学生の指名数は同じ人数になっています

因みにここ数年のロッテの「1巡目の第1回指名選手」は

  • 2011年/藤岡貴裕(東洋大)→3球団競合
  • 2012年/藤浪晋太郎(大阪桐蔭)→4球団競合
  • 2013年/石川歩(東京ガス)→2球団競合
  • 2014年/中村奨吾(早稲田大学)
  • 2015年/平沢大河(仙台育英)→2球団競合
  • 2016年/田中正義(創価大学)→5球団競合
  • 2017年/清宮幸太郎(早稲田実業)→7球団競合
  • 2018年/藤原恭大(大阪桐蔭)→3球団競合
  • 2019年/佐々木朗希(大船渡高校)→4球団競合
  • 2020年/早川隆久(早稲田大学)→4球団競合

10回中9回抽選と一本釣りはほぼ無く、

毎年競合覚悟で指名していることが分かります

ロッテの場合は「1巡目の第1回指名選手」のクジを

9回中5回引き当てており、

クジを外してしまった場合でも

「1巡目の第2回指名選手」では

  • 2016年/佐々木千隼(桜美林大学)→5球団競合
  • 2017年/安田尚憲(履正社)→3球団競合
  • 2020年/鈴木昭汰(法政大学)→2球団競合

このように確実にクジを引き当てる、

くじ運が強いイメージがありますね

 

さらに過去10年間の支配下指名選手を

ポジション(指名時)・高校・大学・社会人・独立リーグ別に分けてみると・・・

投手 内野手 捕手 外野手 合計
高校生 11 3 1 4 19
大学生 13 5 3 2 23
社会人 13 3 1 17
独立リーグ
合計 37 11 4 7 59

このようになります

過去10年間で指名した選手は59人と少ない印象

指名も大学生が一番多く、独立リーグ出身の選手の指名はありませんでした

過去独立リーグ出身でロッテに支配下指名されたのは

ドラフト2006の大学生・社会人ドラフト7位

角中 勝也選手(高知ファイティングドッグス)以来出ていません

 

また過去10年間の育成指名選手を

ポジション(指名時)・高校・大学・独立リーグ別に分けてみると

投手 内野手 捕手 外野手 合計
高校生 1 2 1 4
大学生 2 2 1 5
独立リーグ 3 2 5
合計 6 4 4 14

このようになります

内野手の指名は無く、

高校生・大学生・独立リーグとほぼ同じ人数指名されています

スポンサーリンク

ロッテの指名候補予想

ここではそれぞれのポジションの指名選手を予想していきたいと思います

指名順は考えずに純粋に欲しい選手をピックアップしていきます

【内野手】

阪口樂 岐阜第一
有薗直樹 千葉学芸
粟飯原龍之介 東京学館
星野真生 豊橋中央
大塚瑠晏 東海大相模

内野手は中位~下位で1人指名したいです

有薗 直樹選手(千葉学芸)・粟飯原 龍之介選手(東京学館)

は共に地元千葉の選手なので

ロッテにとっては指名したい選手ではないでしょうか?

【外野手】

吉野創士 昌平
福本綺羅 明石商業
前川右京 智弁学園
田村俊介 愛工大名電

内野、外野ともに将来性重視の高卒選手、

中距離~長距離バッターまでバランス良く選出しました

福本 綺羅選手(明石商業)は去年のドラフト3位でオリックスに指名された

来田 涼斗選手に続けるかも注目です

 

田村 俊介選手(愛工大名電)は

二刀流でプロを目指すと公言されています

愛工大名電4強入り プロ注目・田村俊介が右越え三塁打で決勝点「いい感じで振れた」【高校野球東海大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ

出典:https://www.chunichi.co.jp/

野手として守備につく場合は高校では一塁、三塁と内野を守っていますが、

プロで守備につくなら、田村選手は左投げなので

外野のほうが良いと思い今回は外野手としてピックアップしました

【投手】

石森大誠 火の国サラマンダーズ
森翔平 三菱重工West

即戦力の左投手で、

個人的に中継ぎタイプだと思ったのがこの2選手です

3巡目までには残っているのか分からないので

2位までには指名したいですね

大学時代は先発でもプロではセットアッパー・抑えを任される投手は多いです

(楽天 松井選手、広島 栗林選手など)

なので自分は先発タイプと思っていても、

チームによってその選手の評価も変わってくると思うので

難しいところです

 

ロッテの場合は指名傾向を見る限りは、

一本釣りでは無く、今年も競合覚悟の指名をするかもしれませんが、

その辺りは他球団との駆け引きなので、難しいです

ロッテがどういうドラフトを行うのか楽しみですね

ドラフト2021に関する記事はこちらからチェック!

まとめ

今回は千葉ロッテマリーンズドラフト2021指名予想をしてみました

あの選手を2位でとりたいけどその前に指名されるから1位

という可能性もあるからドラフトというのは奥が深く面白いです

ロッテのドラフト戦略も楽しみながら見てみたいと思います(^^)

ここまで見て頂いてありがとうございました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト2021千葉ロッテマリーンズ
フクローをフォローする
梟の図書館
タイトルとURLをコピーしました