埼玉西武ライオンズのドラフト2021指名候補【予想】【考察】

ドラフト2021
出典:https://www.seibulions.jp/

今回は2021年10月11日に開催されますドラフト会議2021にて

埼玉西武ライオンズの指名選手を予想していきたいと思います

去年2020年はコロナの影響で当初予定していた開催日11月5日から

前倒して10月26日の開催になりましたが2021年は予定通りの開催です

2020年のドラフトは1巡目の初回指名で中日以外大学生・社会人選手を

指名するという前の年の2019年ドラフトと全く逆

(2019年の1巡目の初回指名は広島以外高校生)のことが起きました

その年その年の色が出ていて面白いですね(^^)

ドラフト2020指名選手に関する記事はこちらからチェック出来ます!

 

昨年のドラフトでは、西武は支配下7人育成5人の計12人を指名しました

1位で早川 隆久選手(早稲田大)を指名し

クジで外した後は同じ投手では無く

野手の渡部 健人選手(桐蔭横浜大)を指名するなど

ポスト中村選手として育てるのでしょうか??

 

このドラフト予想は個人的見解で指名順位とかは考えずに

獲得したい選手の名前をあげていきたいと思います

因みに、、、

ポジション別のドラフト指名優先を考察

ドラフト指名傾向

ドラフト指名候補予想

 

という順に自分なりに考察し、まとめてみようと思います

それでは一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

西武の優先はどこ?【内野手・捕手編】

まずは西武の現在の戦力を見てみましょう

それぞれのポジション、内野手・捕手・外野手・投手はどうなのか?

現在西武の【内野手】【捕手】は

  • サード:中村、呉
  • ショート:源田
  • セカンド:外崎
  • ファースト:山川、呉
  • キャッチャー:森

となっていて、

ほぼ固定している印象を持ちました

中村選手が現在38歳ということで後継者候補が必要ですが

それも去年のドラフトで渡辺選手を獲得したことにより

心配はなさそうです

内野手・捕手は今すぐの即戦力補強は必要ないように感じます

西武の優先はどこ?【外野手編】

続いて【外野手】は

  • レフト:栗山
  • センター:金子、若林、岸、
  • 愛斗、川越

内野手・捕手よりかは選手の入れ替えは激しいと感じます

特に前半戦はドラフト4位ルーキーの若林 楽人選手が躍動、

盗塁も44試合の出場でなんと20個を決めました

2試合に1個のペースで決めていて、

盗塁王と新人王取れるのでは?と思いましたね

同期が打つので」 ドラ4ルーキー若林がプロ1号、球団の新人では3人目のアーチ|【西日本スポーツ】

出典:https://www.nishinippon.co.jp/

それだけに怪我が勿体なかったですが、

来年のシーズンには復活した姿が見られると思います(^^)

 

栗山選手が38歳ということで、後継者候補が必要になりますが

現時点で若林選手、岸選手、愛斗選手、川越選手ら若手外野手が

伸びてきているため無理に即戦力を取る必要は無いように感じます

西武の全体のチーム打率も.247と悪くなく(リーグトップが.251)

野手陣に関しては、ほぼレギュラーが固定されていて現段階では

ドラフトで即戦力の補強するべきとは思えません・・・

獲得するなら高校生野手を中位~下位で指名するべきだと思います

スポンサーリンク

西武の優先はどこ?【投手編】

続いては【投手】について見ていきたいと思います

現在チーム防御率は4.05とリーグワースト

【先発】では

  1. 髙橋
  2. 松本
  3. 今井
  4. ニール
  5. 上間
  6. ダーモディ

髙橋選手・松本選手・今井選手は

それぞれ前半戦までに8勝・7勝・6勝をあげているが

それ以外の選手の勝ち星が伸びていない現状で、特に左の先発陣が不足している印象

 

【中継ぎ】を見てみても、

今年は抑えの増田選手の前半戦不振によって

セットアッパーの平良 海馬選手が途中で抑えに回るなど苦しい中継ぎ事情でした

(先発スタートだった平井選手も現在は中継ぎに回っています)

西武】平良海馬、日本新!開幕32戦0封の秘密「間合い」と「頭を無にする」こと : スポーツ報知

出典:https://hochi.news/

思えば平良選手も2017年のドラフト4位指名ですから

ドラフトというのは分からないです・・・・

それが面白いんですがね

平良海馬選手に関する記事はこちらからチェック!

 

という観点から見て、

ドラフトでは上位の枠を使い

先発候補で左投手の即戦力、

中継ぎ候補の即戦力投手を取った方が良いと考えました

 

続いては【ドラフト指名傾向】【指名候補予想】について

タイトルとURLをコピーしました