日本ハムのドラフト2021指名候補【予想】【考察】

皆さんこんにちはフクローです

今回は2021年10月11日に開催されますドラフト2021にて

北海道日本ハムファイターズの指名選手を予想していきたいと思います

 

去年2020年はコロナの影響で当初予定していた開催日11月5日から

前倒して10月26日の開催になりましたが2021年は予定通りの開催です

2020年のドラフト指名(支配下選手)は高校生30人・大学生32人

社会人8人・独立リーグ4人大学生が多い指名となりましたが

2021年はどうなるのでしょうか?

 

ドラフト2020で日本ハムは支配下6人・育成2人の計8人を指名

ドラフト1位で指名をした伊藤 大海選手がここまで

9勝をあげチームを引っ張る存在に、

さらに侍ジャパンにも選出されるなど

既にチームのエース格になろうとしています

一本釣りでとれたことは日本ハムにとって大きかったですね

 

日本ハムと言えば高校生を中心としたドラフトをするというイメージで

実際にスタメンで活躍している選手は高卒の選手が多いと思います

今回は主観で今後の日本ハムに必要になり得る選手をピックアップしていき、

指名順位とかは考えずに選手の名前を

あげていきたいと思います

因みに、、、

ポジション別のドラフト指名優先を考察

ドラフト指名傾向

ドラフト指名候補予想

 

という順に自分なりに考察し、まとめてみようと思います

それでは一緒に見ていきましょう!

[ad]
スポンサーリンク

日本ハムの指名優先は?【内野手・捕手編】

まずは現在日本ハムの

優先するべきポジションは何処なんでしょうか?

それぞれのポジション、内野手・捕手・外野手・投手はどうなのか?といいますと

現在日本ハムの【内野手】は

  • サード:野村、佐藤
  • ショート:石井、中島
  • セカンド:渡邊、佐藤
  • ファースト:高濱
  • キャッチャー:清水、石川

二遊間が固定しきれていない印象を持ちました

シーズン途中に佐藤 龍世選手を西武からトレードで獲得したということは

長距離バッター型の内野手が欲しかったのでは?と推測されます

西武佐藤龍世プロ1号 いとこに金メダルの佐藤綾乃 - プロ野球 : 日刊スポーツ

出典:https://www.nikkansports.com/

実際日本ハムのチーム打率は

打率.232、ホームラン59本、得点353点はリーグワースト

ここまでチームのホームラン数トップが高濱選手、王選手の8本で

二桁ホームランはいません

本拠地がホームランが出にくい札幌ドームということもありますが

ドラフトでは長距離バッター型の即戦力内野手を獲得するべきだと思います

[ad]

日本ハムの指名優先は?【外野手編】

続いて【外野手】では

  • レフト:西川
  • センター:浅間
  • ライト:近藤

と浅間選手が今年センターに定着したことは大きかったです

2軍では大田選手、松本選手、五十幡選手、今川選手

と中堅から若手までが1軍でのレギュラーを狙っているという状況

 

確かに外野手は固定されていますが

いざというときは近藤選手をDHに移動することも出来ます

獲得しても試合に出られない状況はパ・リーグの場合

DHがあるためそれも防ぐことが出来ます

 

外野手は補強は必要ないように感じますが、

上記のチーム成績から日本ハム今年のドラフトでは野手を補強するべきで、

内野手だけで無く外野手も即戦力の大学生・社会人で

長距離バッター型の外野手を指名するべきだと思います

西武からトレードで木村 文紀選手を獲得したのも

長打が打てる外野手が欲しかったのではと思われます

西武】木村文紀、6回に逆転2点二塁打「甘い球がきたら思い切っていこうと決めていました」 : スポーツ報知

出典:https://hochi.news/

現時点でレギュラー選手ばかりに頼っていると

もしその選手が不振・怪我で2軍に落ちた場合、

戦力がガクッと落ちてしまします

そういうことだけは避けたいはずなので

チームの層をより厚くするという意味でも

今年は即戦力外野手を上位候補で指名したいです

[ad]

日本ハムの指名優先は?【投手編】

続いて【投手】に関しては、

防御率3.47とリーグ2位の数字を記録しています

先発陣は

  1. 上沢
  2. 伊藤
  3. 加藤
  4. バーヘイゲン
  5. 立野

といった投手陣で人数は揃っていて充実しています

特に2020年ドラフト1位の伊藤大海選手がここまで9勝をあげ、

日本代表にも選ばれる活躍を見せています

ドラフトの戦力補強はとても大切だと改めて実感させられますね

 

中継ぎ陣をみても

勝利の方程式には、

  • 7回:堀 瑞輝
  • 8回:B.ロドリゲス
  • 9回:杉浦 稔大

勝利の方程式は固定されていて

特に主に7回を任せられている堀選手はここまで

リーグトップの35ホールドポイントを記録するなど大活躍

入団5年目での初タイトルも見えています

ここに河野 竜生選手、宮西 尚生選手

井口 和朋選手、玉井 大翔選手も中継ぎで控えています

投手陣では現状ドラフト即戦力補強は必要無いと思います

指名するなら育成重視で数年後に1軍で活躍して欲しい

高校生投手ですね

 

今回日本ハムがドラフト2021で取るべき選手をまとめると、

  • 内野手→打力重視の即戦力の大卒・社会人
  • 外野手→打力重視の即戦力の大卒・社会人 
  • 投手→育成重視の高卒投手

と考えます

 

続いては【ドラフト指名傾向】【指名候補予想】について

スポンサーリンク