ドラフト2022【高校生・投手】指名候補予想|目玉・オススメ選手

皆さんこんにちはフクローです

2021年10月11日に行われたドラフト会議2021は

去年に引き続き2年連続でリモート形式で行われ

さらに日程も今までとは違うためレギュラーシーズンがまだ終わっていない中での開催となりました

 

2022年のドラフトは従来のような一堂に会したドラフトが出来れば良いですね(^^)

そして期は早いですが、ドラフト2022の指名候補となる注目選手を予想していきたいと思います

ここでは「高校生・投手」についてまとめてみました

それでは一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

高校生・投手の指名傾向

ここではまず高校生・投手が1回のドラフト会議で何人指名されるのか?

調べてみることにしました

大学・社会人の選手に比べると即戦力という意味合いで獲得するのではなく

数年後に活躍してもらえたらという思いで球団は指名していると思います

しかし高校生の中では2019年に指名されたオリックス・宮城選手、

ヤクルト・奥川選手といった高卒2年目の選手が活躍するなど

近年は育成に時間がかかると言われていた高校生もある種即戦力に近い意味合いも

出てきているように感じますね

年数支配下育成
合計合計
2017年1231510010
2018年13417505
2019年10414325
2020年84128513
2021年1061611415

このようになります

支配下・育成含めて指名数は多いように感じますね

左投手は貴重と言うこともあってか右投手の指名がやはり多いです

特にここ2年で育成指名の人数が急激に増えて、

支配下人数と同じくらいの人数が育成でも指名されています

ここで支配下指名された人数を全体指名数で%に直して見ると・・・

  • 2017年→82人(18%)
  • 2018年→83人(20%)
  • 2019年→74人(18.9%)
  • 2020年→74人(16%)
  • 2021年→77人(20.7%)

全体指名の約五分の一が高校生・投手になっていることが分かりますね

即戦力を求めるチームでも上位は即戦力で、中位~下位で高校生投手を指名する

例もあるため、指名の割合は多いですね

スポンサーリンク

指名候補

ここでは現段階で注目されている選手をピックアップしていきます

ドラフトまではまだ期間があるため、直前になって指名候補に急浮上してくる選手も

中にはいるため、あくまで現段階になります

※その都度選手の更新はしていきたいと思います

名前田中 晴也(たなか はるや)
高校日本文理
身長185センチ
投打右投げ左打ち
最速148キロ
特徴力のあるストレートと多彩な変化球を持つ将来性豊かな右投手。ストレートはコンスタントに140キロを超えるのでプロに入り身体を作ればもっと球速は増すと思います。

 

名前栗原 英豊(くりはら えいと)
高校松商学園
身長175センチ
投打左投げ左打ち
特徴2021年夏の甲子園、高岡商戦で7回4失点(自責点2)の活躍。変化球でも腕が緩まず空振りが取れるところが魅力。

 

名前齋藤 響介(さいとう きょうすけ)
高校盛岡中央
身長177センチ
投打右投げ右打ち
最速149キロ
特徴三振を奪える伸びの良いストレートが魅力的。伸びしろの面でもとても楽しみな投手です。
スポンサーリンク
名前別所 孝亮(べっしょ こうすけ)
高校大阪桐蔭
身長183センチ
投打右投げ右打ち
最速147キロ
特徴力のある速球が魅力の投手。中学の岐阜中濃ボーイズ時代に既に147キロを計測するなど当時から注目されている投手。

 

名前森下 瑠大(もりした りゅうだい)
高校京都国際
身長178センチ
投打左投げ左打ち
最速143キロ
特徴2021年甲子園では初出場の京都国際をベスト4にまで導くピッチングに注目が集まりました。伸びのあるストレートが魅力で伸びしろは十分です。

 

名前森山 暁生(もりやま あきお)
高校阿南光
身長182センチ
投打左投げ左打ち
特徴長身から投げ下ろす角度のあるストレートと変化球のバランスが良い大型サウスポー。

 

名前山田 陽翔(やまだ はると)
高校近江
身長174センチ
投打右投げ右打ち
最速146キロ
特徴2021年甲子園では近江高校をベスト4に導く。力のあるストレートと空振りが奪える変化球は魅力。バッティングも良く打者としても注目の選手。

まとめ

今回は高校生投手のドラフト2022指名候補についてまとめてみました

今はまだ全国的には無名でも夏の甲子園で一気に知名度があがる選手もいるため

まだまだ楽しみな選手は多くいると思います(^^)

スポンサーリンク