スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズドラフト2021指名する選手は誰?【予想】

ドラフト2021

皆さんこんにちはフクローです

今回は2021年10月11日に開催されますドラフト会議2021の

横浜DeNAベイスターズの指名選手を予想していきたいと思います

去年2020年はコロナの影響で当初予定していた開催日11月5日から

前倒して10月26日の開催になりましたが2021年は予定通りの開催です

2020年のドラフト指名(支配下選手)は高校生30人・大学生32人・

社会人8人・独立リーグ4人と大学生が多い指名となりましたが

2021年はどうなるのでしょうか?

今回はただただ主観で今後のDeNAに必要になり得る選手をピックアップ、

指名順位とかは考えずに選手の名前をあげていきたいと思います

因みに、、、

ポジション別のドラフト指名優先を考察

ドラフト指名傾向

ドラフト指名候補予想

 

という順に自分なりに考察し、まとめてみようと思います

それでは一緒に見ていきましょう!

※成績は2021年6月12日現在

スポンサーリンク

DeNAベイスターズの優先は?【内野手・捕手編】

まずDeNAが指名するべき、優先するべきポジションは何処なのか?

ポジションごとにDeNAの現状を見てみましょう

チーム打率の方は.259・ホームラン112本はともにリーグ2位と

打力は良いチームです

現在DeNAの【内野手】は

ファースト:ソト

セカンド:牧、柴田、大和

ショート:柴田、森、大和、倉本

サード:宮﨑

となっています

2020年ドラフト2位で入団した牧選手が加入したことでセカンドがほぼ固定状態に

なったことで、これまでセカンドを守ることがあった

ソト選手をファーストにすることが出来た点が大きいです

ショートにも2019年ドラフト1位の森選手がスタメンで起用される機会が

増えてきているのでますますショートの争いは激化しそうです

二遊間に関しては今すぐの補強は必要ないように感じますが

サードのレギュラーである宮﨑 敏郎選手が今年FA権を取得しました

プロ野球通信】DeNA宮崎敏郎がサヨナラ年間大賞 「あれで日本シリーズまで行けた」と自画自賛 - 産経ニュース

出典:https://www.sankei.com/

長年レギュラーとして活躍して、打線の中軸をになう宮﨑選手の存在は大きく

もし移籍することとなった場合大きな痛手になります

DeNAにとって宮﨑選手の残留が来季の一番の補強になると思います

現時点で宮﨑選手が残留するのか、しないのかは

分かりませんが、DeNAは伊藤 裕季也選手、小深田 大地選手ら

期待の若手もいるため即戦力の大卒・社会人を獲得するかと言われれば

そこまで優先度は低いと思います

【捕手】は伊藤 光選手が復帰するまでは嶺井選手、戸柱選手を併用していて

ドラフトでは「即戦力捕手」を取った方が良いのでは?とも思いました

しかし後半戦では強肩が売りの山本 祐大選手が1軍でスタメン出場する機会も増え、

DeNA・山本祐大 成長著しい将来の正捕手候補/チームを支える扇の要(週刊ベースボールONLINE) - Yahoo!ニュース

出典:https://news.yahoo.co.jp/

首脳陣からの期待の高さが見えますね

この調子だと来季もスタメン起用される機会は増えるでしょう

そうなると現在22歳の山本選手が1軍で活躍している現状、

ここ数年のドラフトで高卒捕手2人を獲得していることを考えると

  • 益子 京右選手(2018年ドラフト5位)
  • 東妻 純平選手(2019年ドラフト4位)

今年はドラフトで捕手を獲得する必要は無いと思います

スポンサーリンク

DeNAベイスターズの優先は?【外野手編】

次に【外野手】ですが、

  • レフト:佐野
  • センター:桑原
  • ライト:オースティン

と固定されています

去年の活躍から佐野選手、オースティン選手はスタメン出場することが

予想されていたため、

センターを守っていた梶谷選手がFAで巨人に移籍した

影響で空いたセンターを誰が守るのかが注目されましたが

2016・2017年でセンターを守り一番打者として活躍していた

桑原選手がセンターのポジションをつかみ取りました

年齢を見ても佐野選手27歳と桑原選手28歳と若いので

今すぐ即戦力の大卒・社会人外野手の補強は必要無いと思いますが、

外野手全体を見ると、、、

【外野手】は細川 成也選手(22歳)が一番若く10代の選手がいない状況・・・

DeNAの野手陣の年齢層を考えた場合、高校生の外野手を獲得した方が良いと考えました

DeNAベイスターズの優先は?【投手編】

次にDeNAの投手陣を見てみましょう

先発で見てみると

現時点で来年2022年のローテーションを予想すると、、、

  • 今永 昇太
  • 大貫 晋一
  • 濱口 遥大

この3人に関しては実績も含めるとほぼ入ってくるかと思いますが

そこにリハビリ中の東選手や上茶谷選手の復活、

坂本選手、阪口選手、京山選手、中川選手、入江選手の若手の奮起が求められます

現状DeNAの防除率は4.77と12球団ワースト

特に先発が早い回にノックアウトされるケースが目立ち、

5回まで投げきれずに降板しリリーフが登板する試合が多く、

リリーフの疲労が心配です・・・

シーズン途中で今年ロングリリーフなどフル回転で登板していた国吉選手を放出してまで

先発候補の有吉選手をトレードで獲得したのも先発陣の苦しい現状が伺えます

〇〇ヨシ・ユウキ」同士が電撃交換トレード ロッテ有吉優樹投手とDeNA国吉佑樹投手(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

出典:https://news.yahoo.co.jp/

中継ぎは7回エスコバー選手・8回山崎選手・9回三嶋選手と

勝利の方程式は確立しています

その前を投げる三上選手、砂田選手、平田選手など

経験豊富な選手もそろっています

しかし山崎選手が将来的なメジャー挑戦を公表しているため

山崎選手がメジャーに行くことを想定したセットアッパー候補の育成も必要になります

まずは先発型の即戦力の大卒・社会人投手をドラフトでは上位の枠を使い獲得するべきです 

その中で中継ぎの大卒・社会人の選手を2巡目以降で獲得出来ればいいと思っています

優先順位は【先発】>【中継ぎ】です

 

続いては【ドラフト指名傾向】【指名候補予想】について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト2021横浜DeNAベイスターズ
フクローをフォローする
梟の図書館
タイトルとURLをコピーしました