広島東洋カープのドラフト2021指名候補【予想】【考察】

ドラフト2021

皆さんこんにちはフクローです

今回は2021年10月11日に開催されますドラフト会議にて

広島東洋カープの指名選手を予想していきたいと思います

去年2020年はコロナの影響で当初予定していた開催日11月5日から

前倒して10月26日の開催になりましたが2021年は予定通りの開催です

2020年のドラフト指名(支配下選手)は高校生30人・大学生32人

社会人8人・独立リーグ4人大学生が多い指名となりましたが

2021年はどうなるのでしょうか?

ドラフト2020で広島は支配下6人・育成1人の計7人を指名

ドラフトで指名された栗林選手・森浦選手・大道選手は1軍で活躍しています

特に栗林選手は侍ジャパンの抑えに指名されるなど

新人ながら日本を代表する抑えになりましたね

侍ジャパン】新人で胴上げ投手の栗林良吏「応援のおかげで金メダルを取ることができました」全5戦登板で2勝3S : スポーツ報知

出典:https://hochi.news/

今年のドラフトはどんな選手が指名されるんでしょう

まず今回は指名順位とかは考えずに広島の現戦力を考えたときに

さらに必要になる選手の名前をあげていきたいと思います

因みに、、、

ポジション別のドラフト指名優先を考察

ドラフト指名傾向

ドラフト指名候補予想

 

という順に自分なりに考察し、まとめてみようと思います

それでは一緒に見ていきましょう!

※成績は8月11日現在

スポンサーリンク

広島の指名優先はどこ?【内野手編】

まずは現在広島の

優先するべきポジションは何処なんでしょうか?

チーム打率もリーグ1位(.261)

現状今すぐドラフトで補強するポジションはなく、

それぞれのポジション、内野手・捕手・外野手・投手はどうなのか?といいますと

現在広島の【内野手】は

ファースト:坂倉、松山

セカンド:菊池

ショート:小園

サード:林、阿部

となっています

今までショートには田中 広輔選手が長年レギュラーとして

出場していましたが、変わって今シーズンは

2019年ドラフト1位の小園 海斗選手がスタメン出場を増やしています

広島 小園が結婚発表!20歳で決断「家族ができてしっかりやらないと」― スポニチ Sponichi Annex 野球

出典:https://www.sponichi.co.jp/

守備範囲が広く、打撃でも三番を任せられるなど

4球団競合のドラフト1位の力を見せてくれています

さらに小園選手と同期入団の林 晃汰選手(2019年ドラフト3位)

もサードのスタメンで出場しています

野球】ブレーク中の広島・林晃汰 智弁和歌山時代の「悔しかった」経験が今に生きる/オピニオンD/デイリースポーツ online

出典:https://www.daily.co.jp/

智弁和歌山時代のときからパワーある打撃が魅力でしたが

プロの世界でもその力を発揮しています

2人とも高卒3年目の20歳と若いため2人がスタメンで固定されれば

広島の三遊間はあと10年は安泰ではないでしょうか?

なのでサードとショートのドラフト補強は必要無いように感じます

一方ファーストとして主に出場しているのが

本来キャッチャーの坂倉 将吾選手です

元々打撃がいいキャッチャーのため

打撃を生かすためにファーストにコンバートするのか、

それともキャッチャー固定でファーストには外国人選手を入れるのかは

考える余地はありそうです

セカンドは菊池 涼介選手が今年で31歳なので後継者候補を指名したいです

即戦力というよりかは3~4年後に1軍の戦力になってもらいたい

ので高卒の内野手を指名したいです

ポジションは高校時代はショートでも

プロでセカンドにコンバートされるケースもあるので、

二遊間を守れる選手に絞りたいと思います

スポンサーリンク

広島の指名優先はどこ?【捕手編】

続いて広島の捕手陣について、主に先発するのは

  • 會澤 翼
  • 坂倉 将吾
  • 石原 貴規

この3選手です

ここに2017年ドラフト1位の中村 奨成選手をどう起用するのかも注目ですが、

個人的に広島のキャッチャー争いは12球団でもトップレベルだと思っていて、

全員それぞれタイプが違うので全員使いたいですが

そういうわけにもいかないので、上記のような

坂倉選手がファーストを守るということが起きているんでしょう

キャッチャーに関しては今年はドラフト指名しなくてもいいように感じました

広島の指名優先はどこ?【外野手編】

次に【外野手】ですが、

  • レフト:西川
  • センター:野間
  • ライト:鈴木

とほぼ固定されています

特に鈴木 誠也選手が広島打線を引っ張っていますが、

鈴木選手は将来的なメジャー移籍を希望していて、

広島もメジャー移籍に関しては応援したいというコメントを残しています

鈴木選手が海外FA権を取得するのは

最短でも2023年シーズンオフですが、

それよりも早いポスティング移籍を球団も容認すると思われます

そうなると鈴木選手の

メジャー移籍を考えて後継者候補となる主軸を担える長距離バッターを指名したいです

スポンサーリンク

広島の指名優先はどこ?【投手編】

続いて投手陣について、

チーム防御率は3.87でリーグ5位

先発は

  • 森下
  • 大瀬良
  • 九里
  • 高橋 昂
  • 玉村
  • 大道

前半戦最後辺りからはこの6人で先発ローテーションを回していました

高卒2年目の玉村選手、当初は中継ぎだったが先発に回った新人の

大道選手等新戦力の活躍が大きいです

中継ぎ陣では抑えの栗林選手が防御率0点台と圧倒的な数字を

残していますが、

栗原選手までにつなぐセットアッパーを誰がつとめるのかという問題

開幕当初は8回を塹江選手が務めていましたが現在は2軍調整中

現在はフランスア選手・コルニエル選手等が7・8回を投げるシーンが目立ちますが、

個人的にはドラフトの上位の枠で

7・8回を任せられるセットアッパーを取るべきかと思います

 

続いては【ドラフト指名傾向】【指名候補予想】について

タイトルとURLをコピーしました